さくらと息子と八割れ猫

さくらと息子と八割れ猫
シングルマザー歴18年。一人息子と八割れ猫との日々を綴ります。兵庫県在住、アパレル系。
2021年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2021年06月

再々チャレンジ

さくらと息子と八割れ猫
cherry blossoms by sakura 2021

息子が現役で大学受験のとき
第一志望をあきらめ
第二志望を受験し
合格しましたが
納得できず
再受験することになり
仮面浪人で
翌年チャレンジ。

仮面浪人は
そんなに甘くありませんでした

2度打ちのめされましたが
いろいろと考えた結果
あらたなチャレンジで
これから学士編入を目指すようです

鉄緑会、あれから10年。

さくらと息子と八割れ猫
鉄緑会 大阪校 photo by sakurua 2021

先日、仕事関係で近くに来たので懐かしく思い
写真を撮りました

手前の交差点付近はリニューアルされており
少し雰囲気が違っていました
息子が入塾したばかりの頃
まだ中学1年、2年あたりで
私は仕事帰りに
角のファーストキッチンで息子の帰りを待ち
パスタを軽く食べさせ
一緒に帰ったものです

もう10年近く前になるんですね
懐かしくもあり
せつなくももあります

ビルの中に入ると自動ドアが2か所あり
寒い時期は
1番目と2番目の自動ドアの間で
何人も保護者の方がお子さんを
待っておられました

エレベータが開き
次々とこちらに向かってくる生徒たち
足早に保護者の方に向かい
少し恥ずかし気で
少し疲れた様子の子供たち

どの子も
どの子も
本当に賢そうで

その中から
少し不貞腐れ
かなり疲れた様子の我が息子を
見つけて
やっと出てきたとほっとする私
クラブの道具や
岩のような学校の通学鞄の
どちらかを持ってやり
帰りを急ぐ群衆の中へと
吸い込まれるようにして
帰宅。

中1から中2まで続いたかな
その後は自分の通う学校以外の
友達もでき
帰りにラーメン食べて
帰ってくるようになりました

帰りの電車で寝過ごすことも
あったので
帰宅するまで

心配で心配で心配でした

途中で少しお休みした期間が
ありましたが
約6年間
お世話になった
学び舎。



おひとり様

さくらと息子と八割れ猫
a cup of green tea by sakura 2021

週末に買い物に行きました
でも・・・

買うものがない

のでした
おひとり様の暮らしは
なにも要らないのです

息子がいると
お気に入りの
いつものケーキ屋さんで
苺のショートケーキ
いつもの和菓子屋さんで
苺大福と紅白の上用饅頭
いつものパン屋さんで
明太子のバゲット

彼がいないと
私が行くところもなくなりました

洗濯用洗剤も
追われるように
ストックを買っていましたので
習慣で
ドラッグストアの洗剤を手に取りましたが

そういえばまだあったな

というところで
買い物に行っても
いつもエコバッグを2枚持っていたのに
1枚も使うことなく
リュック1つで十分なのでした

何と言っても
我が家のシューズボックスは驚きです
28.5㎝の息子のスニーカーやクロックス類が
ごそっと無くなり
時々
八割れ猫が遊びがてら
空いたスペースに収まったりしております

こんなとき
旦那様や息子に弟や妹がいたら
また違った景色なのでしょう