さくらと息子と八割れ猫

さくらと息子と八割れ猫
シングルマザー歴18年。一人息子と八割れ猫との日々を綴ります。兵庫県在住、アパレル系。
2021年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2021年11月
TOPさくら ≫ 研究室の学生生活

研究室の学生生活

さくらと息子と八割れ猫
©︎2021 さくらと息子と八割れ猫.All Rights Reserved

大学の研究室って
結構、自由なスケジュールなのですね

大学によって違うのでしょうか
私は短期大学卒業なので
4年生大学での研究室所属ということが
どのようなことをどのように
学んでいるのか
あまり分かっていなかったので
とても新鮮です

研究が中心なので
授業?に出席しなければいけないという
概念はないらしく
息子は毎日10時頃に研究室に行き
17時頃帰るようなスケジュールらしいです
ただ研究用の微生物のお世話があるので
各日に夜の9時頃に大学へ行っています

暗い夜道を駅から徒歩約15分
人通りも無く
柳の木が生い茂る道もあり
オバケとか怖くないかと尋ねましたら
人間以外怖いものない、との答えでした

なので4年生になって大学近くで
一人暮らしを始めた仲間もいるそうです

夏休みはお盆の4日から5日間だけで
学生の1,2か月のような長期休暇はありません
ただ個人的な休みも自由みたいです
研究さえしっかりしていればという前提で。

共有のスケジュール表に
fever、hospital、など書き込むだけ
ちなみに研究室の公用語は英語です

毎週金曜日はミーティングが
行われ、研究の課題についての進捗や
先輩から問題点について聞いたりなど

また教授、助教授からも
定期的にヒアリングも行われ
研究以外での
問題などないかと
相談に乗ってくれているようです

息子は17時頃に大学から
一人暮らしUR賃貸に戻ると
編入試験の学習。
予備校の学習内容も
これから12月に向けて
山場を迎えるという話を
しておりました

バイトは週1回の家庭教師と
高校時代から参加していた
毎週日曜日のボランティア活動ですが
メインの活動内容以外についての
活動については
バイト代をいただけるようになったそうです

研究は面白いらしく
成果をしっかり出して
工学部を卒業して次につなげたい、
と言う息子ですが

洗濯物を洗濯機に突っ込んだまま
あふれんばかりにしたままで
ベランダの物干し竿には
タオル類を脱水から出したまま
一切広げることなく
塊のまま
引っ掛けているのを見ると
母としては心配はつきません

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL