さくらと息子と八割れ猫

さくらと息子と八割れ猫
シングルマザー歴18年。一人息子と八割れ猫との日々を綴ります。兵庫県在住、アパレル系。
2020年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2021年01月
TOPさくら ≫ 鬼滅の刃でマスクが役に立った

鬼滅の刃でマスクが役に立った

さくらと息子と八割れ猫
berries photo by sakura 2020

今日は久しぶりに
アラ還、一人で映画を見に行ってきました

鬼滅の刃

映画館も少し落ち着き始めた頃で
子供も少なく
ゆったりと鑑賞できました

もともと観るつもりは
なかったのですが

なんとなく最近は
ハーバルセラピストの勉強や
転職後ということもあり
ストレスが多く
少し気分転換が欲しかったからです


涙がしたたり落ちました


感想としては
人間、特に日本人が
忘れかけていたこと、
口に出しにくかったこと、
はっきりと口に出して伝えることが
こんなに大切だったんだと
思いました

私は
煉󠄁獄さんが亡くなる直前
まぼろしに出てきたお母さんとの会話

煉󠄁獄:  母上 俺はちゃんとやれただろうか。
やるべきこと果たすべきことを全うできまし たか?

母: 立派にできましたよ。

その母の言葉に煉󠄁獄さんが

子供のような笑顔になったシーン

幻の母に抱きしめられている煉󠄁獄さん



ハンカチをゴソゴソとバッグから出すのも
ためらわれたので
私は涙が流れるまま
マスク(布製)に吸収されるままに
まかせたのです

なぜそのシーンで心を打たれたのか

私は息子が何かを成し遂げようと頑張って
敗れた時(※医学部受験)
抱きしめて褒めてあげれば良かったと
ちゃんと言葉に出して
褒めてあげれば良かったと
後悔したのです


関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL