さくらと息子と八割れ猫

さくらと息子と八割れ猫
シングルマザー歴22年のアラ還ブログ。一人息子と八割れ猫との日々を綴ります。兵庫県在住、ITアパレル系。
2022年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2022年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2022年08月
ARCHIVE ≫ 2022年08月
      
≪ 前月 |  2022年08月  | 翌月 ≫

その後。

さくらと息子と八割れ猫
©︎2022 さくらと息子と八割れ猫.All Rights Reserved.

みなさまにお祝いのコメントをいただき
感謝してもしきれません

みなさまにお一人お一人に
ご返信をさせていただいたはずですが
コメントの管理が使いづらく
もしかしたらご返信できていなかったり
ダブルで同じ文章をお送りしてしまった方も
おられるかもしれません

ご迷惑をお掛けしておりましたら
申し訳ございません

息子も高校生の時から
ボランティアでプログラミングやCADを
心身に障害のある子供達に教えている
教室にここ2か月あまりは
編入試験のため
参加できていなかったので
先日、久しぶりに指導に参加してきたようです

そこでは・・・
合格のお祝いの嵐が待っていて
生徒や保護者の方々から
花束やケーキや小物のプレゼントなど
いただいてきたようです

大きな花束。

多分、人生初だったのかもしれません

一人暮らしのURにもどり
花束をどうしたのものか困ったようで
写真を送ってきました

小さいマグカップに荒々しく入れられた
ひまわりやカサブランカの花々が
カスミソウやカーネーションとともに
今にも倒れそうな悲惨な状態でした。

とりあえずペットボトルの口をカットして
入れるように伝えました
あまりぐらつくようだったら
中に小石でも、と。


2度目のさくら咲く

さくらと息子と八割れ猫
©︎2022 さくらと息子と八割れ猫.All Rights Reserved.

第一志望校の発表が5日でした。

合格しました!

未だに信じられません
何かの間違いではないかと
夢ではないかという思いでおります

今回はすでに地方の国立大から正規合格を
もらっていましたので
自信をもって第一希望校の2次試験に
向かうことができておりましたが、

失敗した~

とまたやらかしたようでした

小論文に関しては
自分の得意分野の課題が出題され
すいすいと書くことができたようで
自信満々で面接へ。

社会経験のない学部生には
それほど圧迫的な面接ではない
という情報があったので
本人もそれほど恐れてはいなかったのですが
確かに「圧迫」ではありませんでしたが
「論破」力が必要だったようです

論破されたショックで
何ひとつ自分のアピールができなかったし
最悪なことに
「入学したら何をまず学びたいですか」
の質問に
「経済」
と答えてしまったというのです!

まぁ「経済」という言葉の
捉え方はいろいろとありますが
もっと他に伝える事が山ほどあり
準備もしていたはずが
呆然自失となり

帰りの道すがら
酷暑に耐えながら
セミがうるさく鳴く音を聞きながら

「俺の戦いはこれで終わった…」

と敗れた戦士のような気持ちで
半泣きで
自宅アパートに帰ってそうです

それからは
「俺は〇大(すでに合格をいただいていた大学)に行く!」
と言って、その県のトラベル雑誌を買い
住む場所を探していたようです。

ただ

動くにしても今回の受験校の結果が
一応確認が必要なので
進むに進まれず
もやもやとした日々で
息子は一人ではいたたまれず
ここ実家に戻ってきました
食欲もなく
ゲームしても面白くない
大好きなお笑い番組も心の底から笑えない
映画行っても気になる
スポーツクラブを申し込みたいけど
結果次第では引っ越しなので
それもできず、
という2週間でした

発表の2日前からは
睡眠も不安定になり
3時間寝ては目が覚め
また5時間寝ては目が覚め
それに私も近い状態でした

ただ、幸か不幸か
私は失業中でずっと家にいたので
できるだけ
彼に寄り添うことができて
良かったと思います

「〇大に合格いただいているから、
今回は不合格でも全然大丈夫やねんで!!」
と励まし。
「分かってる。俺、もう腹くくってるから。」
と返事。

発表当日は
息子は朝5時に目が覚めたようですが
10時の発表まで
落ち着かないので

「散歩行ってくる」

と言って外出、
帰ってきたのが9時半頃。

そのまま息子は自分の部屋に閉じこもり
私は京都の華厳寺のお守りを
握りしめておりました

私はアレクサの時刻を横目で見ながら
自分の心臓の音しか聞こえません
9:55
9:56
9:57
9:58
9:59 ときて無常にも10:00。

多分、10秒ほどの時間だったと思いますが
とてもとても長く感じました

よっしゃ~!

との声が聞こえ
私のいるリビングに突入してきて
「番号あった!」
とまた泣き崩れました(※小さい頃から泣き虫です)

私はまた前回同様、
「良かったなぁ~頑張ったわ!頑張ったわ!」



大学受験から約4年半、
息子の願いがやっとかないました