さくらと息子と八割れ猫

さくらと息子と八割れ猫
シングルマザー歴18年。一人息子と八割れ猫との日々を綴ります。兵庫県在住、アパレル系。
2021年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2021年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2021年07月
ARCHIVE ≫ 2021年07月
      
≪ 前月 |  2021年07月  | 翌月 ≫

10年以上になる金魚が

さくらと息子と八割れ猫
©︎2021 さくらと息子と八割れ猫.All Rights Reserved

母より連絡があり
先日、10年以上飼っていた金魚が
とうとう亡くなった
という残念なお知らせでした

名もなき金魚は
息子が確か小学校6年生のときの
夏祭りの金魚すくいで
持ち帰った金魚です
3cmほどだったのに
いつもまにやら
15cmくらいに成長していました

白と赤のまだら模様の琉金。
寿命は平均5年だそうですが
水質が良いと10年らしいです

母が丁寧に飼っていたので
10年以上
特に皮膚病などもなく元気でしたが
ついに寿命が尽きて
静かに亡くなりました

母は自宅の庭に
その亡骸を埋めるとき
そっと
手のひらにのせ
衝撃を受けたそうです

なんてきれいな姿だったの

白い部分のウロコは
真珠のような輝きで
赤い部分の模様は
目が覚めるような鮮やかさで

神々しい姿だった

そうです

いつも水槽の中で
所狭しと泳いでいた金魚は
手にのせると
厚いガラスの
水槽越しに見ていた姿とは
全く違って

あなたこんなに美しい金魚だったのね
気が付かなくてごめんなさい、

と母は土に埋める前に
金魚にあやまり
祈りをささげたそうです