さくらと息子と八割れ猫

さくらと息子と八割れ猫
シングルマザー歴18年。一人息子と八割れ猫との日々を綴ります。兵庫県在住、アパレル系。
2020年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2021年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2021年01月
ARCHIVE ≫ 2021年01月
      
≪ 前月 |  2021年01月  | 翌月 ≫

子供と暮らせるのは20年ほどしかありません

さくらと息子と八割れ猫
a glass of water by sakura 2021

人生には
いろいろなイベントがありますが
私の中では結婚や離婚より
子供を授かったことが
人生で一番大きかったです

不妊治療を経験しており
やっと授かりました
やっとと言っても
不妊治療は10か月ほどでしたが。

タイミング療法とその次に
卵管の通りを良くするオイルを注入?
こちらは21年前になりますので
はっきりした治療法の名前が出てきません
調べたのですが
タイミング療法の次は人工授精?
という情報が多くて
正しい説明ができませんが
卵管の滑りを良くするために
卵管にオイルを入れるという
治療をしました

その後気持ち悪くなり
病院でしばらく休んでから
帰宅したことを覚えています

もしかしたら
一生子供には
縁のない人生になるのか
不安になればなるほど
子供が欲しくなり
妊娠したら
いつでも仕事を辞めれるようにと
短期の派遣のお仕事を
しておりました

あの時。

東京で住んでおり
渋谷の桜が丘にある
小さなソフトハウスで
翻訳のお仕事をしておりました

パソコンに向かって
キーボードを打っていたのですが
いつもは感じなかった
両腕の内側に
なんだか
胸が当たるのです。

なんかへんな感じ。

胸が張ることは
ホルモンの周期により
いつも経験はありましたが
その日は少し違いました

胸の違和感。

それは命が芽生えて間もない頃だったのでした

やっと授かった子供ですが
離婚してしまい
お父さんが不在な家庭環境を
作ってしまった責任を感じ
埋め合わせをするように
全力で子育てをしてきました

あれから21年を経て
ただいま~
と帰ってくる息子は
もういません
もうここにはいないのです

別の街で別の人生を
歩んでいるのです

子供と暮らせる日々は
80年の人生で
ほんの20年ばかり
なんて短いのでしょう

息子、3度目の引っ越し

さくらと息子と八割れ猫
cafe by sakura 2021


息子の引っ越しが
無事に終わりました

戸締りと火の始末など
注意をしてから
私一人、
八割れ猫が待つ家に
夜遅く帰りました

がらんと静まり返った
息子の部屋を見ると
自分が使っていた
布団がきちんとたたんで
並べられていました

思い返せば
息子がおととし1年間
初めて一人暮らしをしたときは
寂しくて
悲しくて
毎日
心の中で泣いてばかりいました

何を見ても
息子の面影が浮かび
子離れできない自分が
情けなくて

そして去年は2か月ほど
大学の寮生活をしましたが
身一つで行ったので
いつでも帰ってくるような
気軽な一人暮らしなので
寂しいと感じることは
ありませんでした

続いて今回の引っ越しは
なんだか
また寂しい思いが強いです
眠れず
こんな時間にブログを書いております

初めてブログを読んで下さった方には
なぜ3度も引っ越しを
と疑問に思われるかと思いますので
簡単に説明させていただきます

大学1年生の時に一年間
一人暮らしをしたのは
再受験のためでした
通学に往復3時間以上かかるので
時間がもったいなく
大学近くでアパートを借りました

しかしながら夢破れて
2年生になって
実家に戻りましたが
去年の10月から
大学の寮にたまたま
入れるようになり
入寮したのですが
スペースの狭さと騒音に
耐えられずに
実家に戻りました

でも通学時間の問題と
4年生になると
授業が忙しくなるというので
3度目の引っ越しということに
なったのです
内緒ですが
電車に長時間乗ると
お腹をこわしやすいという
トラブルもかかえておりました

ただ驚いたのは
来月から
お小遣いはいらないと
言われたことです
塾でのバイトが
順調らしく
また親に迷惑をかけている
と感じているようです



紅白のおもち

さくらと息子と八割れ猫
Japanese rice cake photo by sakura 2021

先月は息子が大学の学生寮を退寮することで
彼の荷物などがここ実家に戻り
片付かないまま
新年を迎えました

というのは
きちと片付ける必要もなく
今月の15日に引っ越しがきまっていたからです

大学1年のときは
再受験を目指すために
仮面浪人をした息子。

通学時間が実家から通うと
往復で3時間以上になるので
学校近くのアパートを借り
1年間一人暮らしで受験勉強を
ながら大学にも通い
そして翌年、気持ちを新たに
再受験に向かったのですが
残念な結果に・・・
うちひしがれて
大学2年で実家にもどりました

3年になった昨年の秋、
大学が寮生を募集していたので
応募し、入居することに。
ただ
ブログでも書かせていただきましたが
狭さと騒音で
2か月余りで退散。

慌てて次の住み家を探し
今回、引っ越すことになりました

実家から通学してくれたら
一番良かったのですが

通学時間なにより
電車に乗ると
お腹をこわす
男の子によくあるタイプで

電車に長時間乗るのは

つらい

そうなんです

今日は引っ越しのサカイさんにきてもらい
見積をもらって
15日にお願いしました

なんだか年末から
ずっとバタバタしており
実家で作ったおもちを
元旦にお雑煮で食べたきりでしたので
今日は大根おろしにおしょうゆで
さっぱりと
紅白おもちを
ゆっくりと堪能しました

昨年を振り返る

さくらと息子と八割れ猫
berry photo by sakura 2021

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします

昨年を振り返りますと
1月: ライフオーガナイザー2級講座
2月: 退職
3月: ハーバルセラピスト養成講座
5月: 医療通訳士養成講座
7月: 再就職

と「学ぶ」がテーマの1年でした
それもこれも
長年勤めた会社を退職し
できたことでもあります

後は今年
それらの「学び」をどう活かすか。