さくらと息子と八割れ猫

さくらと息子と八割れ猫
シングルマザー歴22年のアラ還ブログ。一人息子と八割れ猫との日々を綴ります。兵庫県在住、ITアパレル系。
2022年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2022年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ さくら
CATEGORY ≫ さくら
       次ページ ≫

その後。

さくらと息子と八割れ猫
©︎2022 さくらと息子と八割れ猫.All Rights Reserved.

みなさまにお祝いのコメントをいただき
感謝してもしきれません

みなさまにお一人お一人に
ご返信をさせていただいたはずですが
コメントの管理が使いづらく
もしかしたらご返信できていなかったり
ダブルで同じ文章をお送りしてしまった方も
おられるかもしれません

ご迷惑をお掛けしておりましたら
申し訳ございません

息子も高校生の時から
ボランティアでプログラミングやCADを
心身に障害のある子供達に教えている
教室にここ2か月あまりは
編入試験のため
参加できていなかったので
先日、久しぶりに指導に参加してきたようです

そこでは・・・
合格のお祝いの嵐が待っていて
生徒や保護者の方々から
花束やケーキや小物のプレゼントなど
いただいてきたようです

大きな花束。

多分、人生初だったのかもしれません

一人暮らしのURにもどり
花束をどうしたのものか困ったようで
写真を送ってきました

小さいマグカップに荒々しく入れられた
ひまわりやカサブランカの花々が
カスミソウやカーネーションとともに
今にも倒れそうな悲惨な状態でした。

とりあえずペットボトルの口をカットして
入れるように伝えました
あまりぐらつくようだったら
中に小石でも、と。


さくら咲く

さくらと息子と八割れ猫
©︎2022 さくらと息子と八割れ猫.All Rights Reserved.

季節外れですが
我が家の桜が咲きました

息子がついに合格しました

第一志望校の2次試験を控えての
このタイミングではありますが
地方の国立大の医学部に正規合格しました

医師になりたい

という希望の道を進めそうです


息子から泣きながら電話がきました
私はいつも発表は怖くて
見れないので
息子からの連絡待ちです

発表の時間から
1分経ち
2分経ち
3分経ち
4分経ち
5分経ち・・・

あ~ダメだったか。
とベッドに突っ伏していたところ
いつもはSMSで連絡がくるところ
LINEの電話でした

息子「あった~合格した~(泣)いけた~(泣)」

私「良かったやん~!偉かったよ、本当偉かったなぁ!偉かった。」
私「もう〇大の出願書類は放っておきな~」

本日の結果次第で次の大学の出願書類の
準備が早急に必要となっておりました

(息子は母校の大学への愛が強く
第一志望の医学部はそちらですが
難関なので正直希望は薄いです)

でも、これで

安心しました

長い長い戦いがついに終わりました

一次通過

さくらと息子と八割れ猫
©︎2022 さくらと息子と八割れ猫.All Rights Reserved.

先日の「厳封」でバタバタした受験校は
第1次試験(筆記)は

合格。

幸先良いスタートとなりましたが
本当はこれからです

とりあえず1次通過すると
補欠合格の可能性も高いので
そういう意味ではちょっぴり安心。

まずは親としましては
息子のメンタルが心配でしたので
何かしらの手ごたえを得られたら
きっと
彼のモチベもアップするだろうと。

早く決まれば良いですが
決まらないと年末まで続く戦いです

実は息子の心配ばかりしておりまして
ついに私が倒れそうでした
また別記事で書きます

仕事を今月末で
退職することになりましたので
息子の進む道によって
私のこれからの人生設計を
考え直す必要があるのですが

私はアラカン。

決してあきらめてはいないのですが
就職も学びもそうそう
自由には選べません

でも息子はまだ22歳。
今年の学士編入がうまくいかなくても
大学院に進む道も
就職する道もあります
それでもあきらめられないなら
院に進みながら
お仕事しながら
また学士編入を目指せばいい。

息子に若くてうらやましいよ、
と言うと私に

もう終わったんやからええんちゃう
※関西弁

一瞬、否定されたような言葉と
感じたのですが
息子の意味するところは、
もうするべきことは成し終えたから
卒業していいんじゃないか
という意味でした

何だかすべてから解放された
気持ちになりました

メンタルクリニックや
アロマセラピーよりも
効きました

第1校目

さくらと息子と八割れ猫
©︎2022 さくらと息子と八割れ猫.All Rights Reserved.

息子は昨夜遅く
地方の大学の編入試験から
戻ってきました
今年第1校目です

感想はというと

むずかった~

そりゃそうですよね

まぁまぁ
まだまだ先は長いし
第一志望校ではないから
気持ちを切り替えて、
と話をしました

4月の塾の模試では
2位だったそうで
本人、機嫌よく
試験に向かったのですが
現実は厳しいです

医学部以外
何にもないところやった~
と、旅の途中で
写真を送ってくれました

確かに見渡す限り
田畑と小高い山々のみ
町の名前の書かれた
標識はさびており
傾いていました

でも関係ありません

受かればいいのです
入学できればいいのです


試験当日は
塾での顔見知りの人や
白髪混じりの中年男性、
編入のコミュニティがあるようで
挨拶や名刺交換している人々や
ここでは書きませんが
人間ウォッチングの
ネタに困らないようでした

また新幹線を使って
朝食付きホテルで
2泊した息子は
かなり贅沢のようでした
皆、バスに長時間揺られ
ビジネスホテル以下で宿泊し
受験に挑んでいるというお話です

確かに
受験旅行の費用に関しては
北の北海道から
南は沖縄まで
受験するとなると
旅費が大変です

受験料は約3万
遠方であれば2泊
プラス交通費。

息子は受けませんでしたが
皆受けると言われている
琉球大となると
受験目的で行くには
非常にもったいないと
思う母でした

アラカン、また退職か。

さくらと息子と八割れ猫
©︎2022 さくらと息子と八割れ猫.All Rights Reserved.

仕事がうまくいかず
うつうつとした日々を過ごしております
結局、7月末で退職することになりました

せっかくの大きなチャンスでしたが
本当に会社って
入ってみないと分かりません

歴史のある名前の知られている会社でも
驚くことがたくさん見えました

結局、同期入社もみないなくなり
私が最後になりました

一緒に入社した今年の2月
みなで喜び合ったよね
期待に胸を膨らませて
頑張った春。
でも次第に目が死んでいき
そして一人は体調不良になり
心療内科で適応障害と言われて
病んでしまいました

さあ、8月からどうしようかな
今、乗りかけている
副業に力を入れるか・・・

今日は土曜出勤でした
たまたま短大時代の
仲の良い友人が
中之島美術館のモディリアーニを
観に来ていたので
14時からのランチタイムを
一緒に過ごしました

持つべきものは友。
いろいろと毒を吐かせていただき
少しすっきりしました
ありがとう