さくらと息子と八割れ猫

さくらと息子と八割れ猫
シングルマザー歴18年。一人息子と八割れ猫との日々を綴ります。兵庫県在住、アパレル系。
2021年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2021年05月
scope version.R

研究室と予備校

さくらと息子と八割れ猫
at bakery photo by sakura 2021

息子は学士編入の予備校に通うことになりました
週末に週1回程度だったと思います
今年対策をして学部を卒業し
来年編入試験を受ける、予定なのですが
対策ができていない今、
練習の意味で
5月に地方の国立を受けてみるそうです

願書を取り寄せ
研究室の教授に推薦書を書いてもらい
小論文を書き
今月末までに送付。

振込用紙などを見ていると
なんだか懐かしく思い出します
現役と大学1年目の受験時は
私がほぼ事務手続きをしましたが
さすがに今回は自分でしているようです

新しく配属された研究室と予備校
桜の花も散り
コロナ禍の中
新しい生活が始まるようです



再々チャレンジ

さくらと息子と八割れ猫
cherry blossoms by sakura 2021

息子が現役で大学受験のとき
第一志望をあきらめ
第二志望を受験し
合格しましたが
納得できず
再受験することになり
仮面浪人で
翌年チャレンジ。

仮面浪人は
そんなに甘くありませんでした

2度打ちのめされましたが
いろいろと考えた結果
あらたなチャレンジで
これから学士編入を目指すようです

鉄緑会、あれから10年。

さくらと息子と八割れ猫
鉄緑会 大阪校 photo by sakurua 2021

先日、仕事関係で近くに来たので懐かしく思い
写真を撮りました

手前の交差点付近はリニューアルされており
少し雰囲気が違っていました
息子が入塾したばかりの頃
まだ中学1年、2年あたりで
私は仕事帰りに
角のファーストキッチンで息子の帰りを待ち
パスタを軽く食べさせ
一緒に帰ったものです

もう10年近く前になるんですね
懐かしくもあり
せつなくももあります

ビルの中に入ると自動ドアが2か所あり
寒い時期は
1番目と2番目の自動ドアの間で
何人も保護者の方がお子さんを
待っておられました

エレベータが開き
次々とこちらに向かってくる生徒たち
足早に保護者の方に向かい
少し恥ずかし気で
少し疲れた様子の子供たち

どの子も
どの子も
本当に賢そうで

その中から
少し不貞腐れ
かなり疲れた様子の我が息子を
見つけて
やっと出てきたとほっとする私
クラブの道具や
岩のような学校の通学鞄の
どちらかを持ってやり
帰りを急ぐ群衆の中へと
吸い込まれるようにして
帰宅。

中1から中2まで続いたかな
その後は自分の通う学校以外の
友達もでき
帰りにラーメン食べて
帰ってくるようになりました

帰りの電車で寝過ごすことも
あったので
帰宅するまで

心配で心配で心配でした

途中で少しお休みした期間が
ありましたが
約6年間
お世話になった
学び舎。