さくらと息子と八割れ猫

さくらと息子と八割れ猫
一人息子と八割れ猫との日々を綴ります。兵庫県在住、アパレル系。
2020年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年06月
scope version.R

親子でいろいろチャレンジ

さくらと息子と八割れ猫
photo by sakura 2020

今週から私は医療系の英語関連の

スクールに通っております

もともとは4月末からのスタートでしたが

緊急事態宣言もあり今週月曜日からとなりました



緊張でいっぱいですが

少し頑張ってみようと思います



息子も大学で学部以外の社会人向け講座に参加。

とは言え、やはりしばらくはオンラインです

こちらは医学系の講座で

自分の意識を高めるために申し込んだらしいです

(何より在校生は無料)



なんだか



息子は昔から人間関係に恵まれており

通っていたCAD教室の先生から

図面のバイトをいただいては

しっかり収入を得たり

またプログラミングも習いに行ったら

先生から、無料で指導するので

習得したら小中学生を教えるバイトお願いしたい

とのお話もいただいたり

プログラミングの先生が足りていないのでしょう



こちらのブログのテーマでもありましたが

彼は2,3年前は医者になりたいと

2度チャレンジして2度失敗、

でも決して本人はまだあきらめているわけではなく

随分、遠回りをするようです



長い目で静かに応援したいと思っています





退職した私とオンライン授業の息子

スナップエンドウ
photo by sakura 2020

長年勤めた会社を退職してからコロナ禍もあり、

私は自宅で過ごす日々を送っております

息子もアルバイトをしておりましたが、

シフトがなくなり

大学もオンライン授業なので彼もまた自宅でおります

工学部の実験授業は出来ていないので、

いまのところ多分夏休みくらいにまとめてするような話を聞いております

白衣や専用の眼鏡?ゴーグル?

なども買わないといけないらしいです

白衣・・・

まさか工学部で白衣を着るとは知らず


なんだか微妙な気分だね~


と親子で笑いました




最近の暮らし

さくらと息子と八割れ猫
photo by sakura 2020

みなさまどのようにお過ごしでしょうか。



私は今年に入り、長年勤めていた

お仕事は辞めました

コロナのせいではありません

私の中で長い間、心の底で抱えていた

会社の方針に対しての疑問

また息子も成人をむかえ

これから先の人生を考えた時

50代、60代、70代・・・

もしかしたら80代をむかえることを考えた時

50代のうちに方向転換をしよう

そう、思いました

60代はまだしっかりと働きたい

そうすると今のうちに仕切り直しをしなければ

納得のいかない仕事をずっとしながら

ストレスをかかえながら定年をむかえ、

再雇用があったとしても

65歳で終わります

仕切り直しは早い方が良い

と思いました


2020年は充電期間としていましたが

コロナ禍となり

先が見えない状況で私自身も

まだ明確な予定を見いだせないままです


でも唯一

良かったのは

仕事が多忙でなかなか息子の世話も

十分にできていなかったという後悔と反省の念を

ずっと抱えていたので

今、できていなかったことを埋めています


例えば

3食、手作り、外食無し。

実際は大変ですが、なにか罪滅ぼしのように

頑張っております

一緒にテレビを観る時間も長くなり

つまらない話をして笑って過ごすことも増えました


先日は息子は大学はオンライン授業なので

肩が凝ると言い出し

ゆっくり長く湯舟で過ごせるようにと思って

シャボン玉セットを買ってお風呂に置いたら

「あほか」と言われたり


いろいろ模索しております