さくらと息子と八割れ猫

さくらと息子と八割れ猫
医学部目指して再受験する息子はこの春引っ越しました。八割れ猫との日々を綴ります。兵庫県在住、アパレル系。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月

やはり寂しい気持ち





村下孝蔵さん

先日一人ぽっちでテレビを見ていたら

三浦 祐太朗さんがカバーしていました


久しぶりにYouTubeで聴いてみて

懐かしく振り返ったり


私は当時日本のポップスより洋楽にどっぷりだったため

村下孝蔵さんのことは、あまり存じ上げなかったのですが

私の妹が免許をとったばかりの頃で

「初恋」「踊り子」など

当時「カセットテープ」に村下孝蔵さんの曲を

ずっとかけていたことを想い出しました

それで何となく耳に残っていたのかも知れません


YouTubeで懐かしく聴いていたら

コメント欄に

「もっと長く生きていて欲しかった」という文章をみて

早くに亡くなられていたことをはじめて知りました

なんとも

とっても寂しい気持ちになってしまいました

突然一人ぽっちの生活が始まった

情緒不安定な私に、悲しすぎる結果でした



息子の船出




昨日、息子は巣立ちました

進学先のキャンパスから近い町で新たな生活をスタートさせたのです

母子家庭の二人暮らしでしたので

息子がいなくなった我が家では

私と八割れ猫との寂しい暮らしとなってしまいました



家の中の物も2個あったものが1個になり

朝食も夕食も1人分だけとなり

洗濯機も今日は回す必要がなくなっていることに

愕然をしております

幸い同じ関西圏なので

煙たがられるまで

週末には押しかけていくつもりでおりますが

しかし

こんなに悲しい気持ちになるなんて

想像もしておりませんでした



早起きしてお弁当を作ることが

面倒で

あれがいい、これが嫌いと注文を付ける夕食作りも

面倒で

臭い体操服やスポーツウエアを洗うのも

面倒で

お笑い番組を見て

二人で大笑いをしていたことももうないんだと気付き

幸せな船出ではありますが

現実は私にとって

あまりにも悲しすぎです

いつか乗り越えることができるのでしょうか






仮面浪人




ブログをご覧頂いておりましたみなさま

しばらく更新できず申し訳ございませんでした

さぞご心配頂いていたことと思います

目まぐるしくいろいろな変化に追いつけず

皆様からのメールの返信もできないまま

お恥ずかしながら

本日に至った次第でございます




まずは息子の受験結果ですが

防衛医科大学 不合格
慶應理工学部 合格
慶應医学部 不合格
国公立非医前期 合格
奈良県立医科大学後期 不合格


国公立非医前期につきましては

諸事情がございまして

名前を出すことができなくなりました


慶應医学部を第一志望にし

国公立非医は第二志望ではありましたが

まずは現役合格が欲しいという息子の願いは叶いました


慶應医学部が不合格に終わり

奈良県立医科大後期も不合格に終わり

かなりヘコんでおりました医学部志望の息子ですが

まずは第二志望の国公立、非医学部に

合格を頂けたのは、親としてはほっとしました

親類一同は、みな万歳状態です


ただ

何でしょう

息子自身が納得できていない状況です

俺に桜はまだ咲いていない

よって来年、医学部目指して再受験します

仮面浪人となりました






横浜の街




やっとブログに向かう時間が出来ました

受験旅行が合計4回、仕事に影響が出ないように

まわりの皆さんにご迷惑が掛からないよう

受験旅行のスケジュールやら息子の体調管理やら

頑張っておりますと

本当に

疲れました

そして

まずは慶應理工学部、合格しました

現在は医学部の2次の結果待ちです

明日発表です

1次は自信満々の息子でしたが

2次は

自信がまったくない

そうです

私もそう思います

期待はしておりません

私は国公立の発表に期待しております


ここまできますと

なんでしょう

受験旅行がなぜかすごく楽しかったです

受験の合間に過ごした時間

景色

この3年間は

ほとんど旅行らしい旅行をしていなかった、

そして息子と2人で出かけるおことも

ももうないかと思いますと

一緒に出掛けた横浜の街が

やたら印象に残っております

大切にしたいと思います

慶應の理工部 続き その2





受験当日は門の前でしばらく

私は人間ウォッチングしてました

理系男子って

なんだろう

みな同じように見えますね


予備校の旗もいくつか見え隠れ

8時半開場、9時半予鈴、10時スタートで

8時半過ぎに、息子は理系男子軍団の中に混じり

坂道を登って消えてゆきました

ブラック、グレー、ネイビーの流れの中で

目立つ息子の黄色のダウンジャケットが

見えなくなるまで陰ながら見送り

はたして

この大学に行くことになるのだろうかと

ぼんやりと考えておりました





慶應の理工学部




昨日、無事に親子2人で東京より戻りました

私は接触事故後の足の青あざが治りきらないままでしたが

1泊2日のハードスケジュールをどうにかこなしてきました

結果はさておいて・・・


昨日は帰りの飛行機が遅れて夜中に帰宅

本日、通常出勤の私

大変疲れました・・・

また来週行きます・・・

行かねばなりません

お話のネタはたくさんございますが

まずは慶應義塾大学、理工学部の入試の様子から


前日に武蔵小杉のホテルに宿泊しました

日吉キャンパスまで2駅のところです

ホテルに着いたのは2時頃でしたので

チェックインして荷物預けて

日吉キャンパスへ下見に出掛けました

自然豊かなキャンパスで

福沢諭吉様の銅像を拝んできました


理工学部は1,2年は日吉キャンパス、

3,4年はたしか矢上キャンパスで

残念ながら三田キャンパスとはご縁がないようです


どちらにしろ

実際に合格して、理工学部にいくことになるかも

しれないのは息子なのであまり関係ありませんが

本人は

浮かれてました

慶應に合格したら

オレは金髪にしたい

と申しております


まさかの接触事故




皆さま、応援のコメントありがとうございます

センター撃沈でも頑張ります



ところで何とこの後に及び

まさかの接触事故に巻き込まれたわたくし

それも国公立前期試験の受験料を振込に行った帰り

会社のお昼休みを利用して銀行へ行った帰り

横断歩道があり、信号はありませんが

駅前なので人通りも多い場所

ゆっくり自転車で渡ろうとしていたら

軽自動車が突っ込んできたのです

私は自転車とともに横倒しになりました

全治1週間の打撲

こんなこともあるのですね

自分が気を付けていても事故は起こるのです

大事に至らなくて良かったです

受験の手続きやら受験旅行を控えているこの時期

12日、19日と私学の受験がありますし

25日は国公立の前期試験です

手続きが完了していない受験校もあります

悪いことを想像したら背筋が凍りました

息子の受験スケジュールを管理しているのは私のみ

家族は他にはおりません

私と息子と猫が一匹



万一のことがあったら、どうなっていたことでしょう

息子は一人で受験旅行には行けるはずもなく・・・

大事に至らなくて本当に良かったです

息子の悪運を私が背負ったと思うことにしました


センター試験で撃沈



やはり

やらかしてくれました

センター試験の結果が想定外でして

苦手な国語と地理が伸びず

国公立の医学部はあきらめ半分

学校で3者面談では予定通りで

突っ走る

などという話になりかけましたが

私も息子も慎重派なので

または消極的

出願は前期、後期工学部へ切り替えることにしました

浪人も視野にいれいています


地理Bのムーミンについて




センター試験2日目が終了しました

昨日の1日目の地理B

ムーミン

なんと当日、ムーミンのエコバッグにお弁当を入れて

持って行ったのです

リュックに入らないということで

当日の朝、キャンバス地のエコバッグで

ムーミンとミッキーとどっちにするか迷いましたが、

私は何となくムーミンの方を選んで持って行かせました

白黒のクラシックタイプのムーミンの絵柄が

プリントされたエコバッグ

鬱蒼とした森林の中でたたずむムーミンの姿。

ムーミンに関しての知識は男子ということもあり

一切、ありませんでしたが、時々持たせていた

このエコバッグのイラストは記憶にあったようで

ムーミンはどこの国かという問題に関しては

森林に住んでいるキャラクター、と考え、

森林と言えばフィンランドと思ったようです

後はその選択肢の言語ですが、これは誰もが判断できる

内容でしたので、結果、正解でした

やれやれ

いよいよ明日です




たくさんの応援のメッセージやコメントを頂きありがとうございます

中にはご質問等頂きながら返信できないでおりますことを

お詫び申し上げます

また落ち着きましたら、お返事させて頂きます


いよいよ明日にセンター試験を控え

今の心境はと尋ねられましたら

不思議と思ったほど、親子とも緊張はしておりません

私はと言いますと

年末から少し体調を崩しまして

慢性気管支炎と共存しながら

仕事も超多忙な日々が続いております

一方、息子は

模試のセンター試験より

問題は易しいはずなので

余裕よ

というお恥ずかしい状況です


何やらしでかしそうな気配を感じてはおりますが

彼にはもう何も言いません

風邪やインフルエンザにも罹らず

万全な体調で試験を受けることができそうなので

母としては、それだけはひと安心です