FC2ブログ

さくらと息子と八割れ猫

さくらと息子と八割れ猫
医学部目指して再受験する息子はこの春引っ越しました。八割れ猫との日々を綴ります。兵庫県在住、アパレル系。
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 母子家庭
CATEGORY ≫ 母子家庭
≪ 前ページ       

子育ての終わるとき

【手作り】津軽びいどろ 冷酒、熱燗兼用天開盃 あさぎ 90cc ..-/ハンドメイドガラス/冷…


ひとり親家庭歴14年目突入

私の生き甲斐は子育てあり、まだ続いています

息子が大学に入学した時点で

子育ては終了であると、心の中で区切りを付けています

でもその後、わたし、どうする?

何をしたいか

今は全く思い浮かびません






母子家庭の日常




平日は朝6時に起きて二人分のお弁当と、

息子の夕方の軽食を作ります

そして7時に息子を起こす

が、なかなかこれが起きなくて苦労してます

二人で朝ごはん食べて身支度をし、8時を前後して登校、出勤


私の帰宅時間は7時半

二人でテレビを観ながら夕食

9時くらいに息子は部屋で宿題、私は洗濯、掃除など

11時頃にそれぞれお風呂

さくらはその後、雑誌読んだりネット見たりアイロンがけしたりと

毎日忙しく過ごしております

ふたり12時頃に就寝



できるだけ気持ちだけはスローであるように

イライラしないように努めています


母子扶養手当の話




母子家庭歴は長いので、経験からひとつ

「母子扶養手当」に頼りっぱなしになると

負のサイクルに陥ります

キャリアアップは遠くなります

つまり生活が決して楽にはならないと言うことです



私は年収がほんの少しUPしたことで母子扶養手当が

大幅に減ったことがありました

だからと言って母子扶養手当を満額もらうために

収入オーバーしないように

仕事を制限したりは決してしませんでした

目の前の計算だけで、キャリアアップ出来ないままの

残念な妹達を何人も見てきましたので



私は一日でも早く、社会のお世話にならなくても良いように

子供の教育を何よりも大事にしたいと

そのためには明日のお仕事を頑張ろう、って。



吐きたくなるような人間関係も理不尽なパワハラにも耐えてきました

すべて自分のためであり、子供のためだと言い聞かせて

今はそうしたことが結果として報われたと思っています



だから

日々勉強して資格に挑戦して下さい

チャンスは自分でつかみ取って下さい

私もまだまだ頑張ります





母子家庭 | Comments(0) | Trackbacks(-)

母子家庭歴13年



母子家庭歴13年。

一人息子と八割れ猫一匹。

寂しくも静かでもある。

これからと今までの生活のつぶやきです。

さくらと息子と八割れ猫です。

よろしくお願いします。





母子家庭 | Comments(0) | Trackbacks(-)