FC2ブログ

さくらと息子と八割れ猫

さくらと息子と八割れ猫
医学部目指して再受験する息子はこの春引っ越しました。八割れ猫との日々を綴ります。兵庫県在住、アパレル系。
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOP大学受験 ≫ 仮面浪人

仮面浪人




ブログをご覧頂いておりましたみなさま

しばらく更新できず申し訳ございませんでした

さぞご心配頂いていたことと思います

目まぐるしくいろいろな変化に追いつけず

皆様からのメールの返信もできないまま

お恥ずかしながら

本日に至った次第でございます




まずは息子の受験結果ですが

防衛医科大学 不合格
慶應理工学部 合格
慶應医学部 不合格
国公立非医前期 合格
奈良県立医科大学後期 不合格


国公立非医前期につきましては

諸事情がございまして

名前を出すことができなくなりました


慶應医学部を第一志望にし

国公立非医は第二志望ではありましたが

まずは現役合格が欲しいという息子の願いは叶いました


慶應医学部が不合格に終わり

奈良県立医科大後期も不合格に終わり

かなりヘコんでおりました医学部志望の息子ですが

まずは第二志望の国公立、非医学部に

合格を頂けたのは、親としてはほっとしました

親類一同は、みな万歳状態です


ただ

何でしょう

息子自身が納得できていない状況です

俺に桜はまだ咲いていない

よって来年、医学部目指して再受験します

仮面浪人となりました






Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018年03月26日(Mon) 22:13
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018年03月31日(Sat) 10:21
Re: 合格おめでとうございます
編集
心温まるコメント、ありがとうございます。

長い受験期間も3月も終わり、非医学部ですがどうにか進学先が決まったことでひと段落つきました。
第一志望ではありませんが、どうしても現役で進みたいという息子の願いは叶いました。
親子でそれぞれ新しい生活も始まり、また新たな挑戦をすることになりましたが、医師になりたいという息子の気持ちは変わっておりません。
また来年、防衛医大から始まると思いますが、親子二人三脚で頑張りたいと思います。
今はただ、一人暮らしで私の元から離れてしまった息子の生活が心配で仕方がないのですが、これも乗り越えないといけない、私の試練だと思っております。

つたないブログですが、読んで頂きありがとうございます。
今後とも引き続き、どうぞよろしくお願い致します。
2018年04月02日(Mon) 20:55
Re: No title
編集
はじめまして。

あたたかいコメントありがとうございます。

また貴重な体験をありがとうございます。


実は大学に通いながら、受験勉強が十分にできるのであろうか、というのが正直な私の気持ちでした。

でも調べているうちに、コメント頂いたように、やはりメンタル面をしっかりとしなければいけないということが分かりました。

それは保険(医学部が不合格であっても通う大学がある)があることと引き換えだと思っております。


同じような経験をされ、見事合格された息子様のような実例をお聞かせ頂けることは大変励みになりました。

あきらめずに親子二人三脚でまた来年、頑張ります。

つたないブログでありますが、今後ともどうぞよろしくお願い致します。


sakura


> はじめまして。
> 受験お疲れ様でした。
>
> うちの息子も仮面浪人後、現在国立医学部に在籍しています。
>
> 仮面浪人もいくつかパターンがあります。
> 大きく分けると、
> 1.休学
> 2.通学しながら、単位取得
>
> それぞれにメリット、デメリットあります。
> 休学の場合は、大学にもよりますが、減額できる。勉強時間の確保。
> 反面、留年決定。友人関係できない。など。
> 通学の場合は、単位取得できたものは、医学部入学後に、単位認定される(一部)進級可能。
> 反面、勉強時間の確保が難しい。特に、理工は、授業も多く、実験実習があり大変。
>
> いずれにせよ、メンタルはかなりきつくなります。
>
> 通学パターンの場合は、授業の選択を年間通してうまくスケジュールできるかが、ポイントです。特に、後期の試験期間。
>
> 大学によっては、受験前に退学しないと、認めないようですから、合格後の事務手続きなどもうまくすすめられますように。
>
> 仮面は、本当にきついですが、純浪よりは、既に大学入学を担保されているので、ある意味、滑り止めの心配はいらないので、少し気楽かもしれませんね。
>
> いずれにせよ、ご健闘をお祈りします。
2018年04月02日(Mon) 21:20












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL