さくらと息子と八割れ猫

さくらと息子と八割れ猫
母と息子と猫一匹の暮らしを綴ります。母子家庭歴16年。息子は鉄緑会に在籍、医学部目指して受験勉強中。
2016年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2016年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年02月
ARCHIVE ≫ 2016年02月
      
≪ 前月 |  2016年02月  | 翌月 ≫

息子と猫の母子家庭の日常会話




さくらと息子と八割れ猫のある日の夕食タイム

息子: ・・・ 
            私: おかわりは?
息子: ・・・
            私: おかわりいらない?
息子: いらんって
            私: ・・・
息子: ・・・
            私: ・・・・
息子: お茶
            私: はい
息子: ・・・
            私: ・・・
八割れ: にゃ~
            息子: ・・・
私: ・・・
            八割れ: ・・・


いつの間にかこんな静か過ぎる毎日となってしまっています

息子が中学生の頃はまだ会話があったなぁ

健康診断で再検査




以前にも書きましたが息子が2歳時に私は離婚しましたので、

その後は死に物狂いで働きました。

14年間、。何度も仕事を辞めたいと思ったことがありました。

会社での人間関係に嫌気がさした時は

先の見えない将来に漠然とした不安に押し潰されそうになりました。

でもそんな時はいつもこんなことを思い出しました。


ひとり親家庭になってまだ「頑張んなきゃ」とひたすらがむしゃらに前を見ていた頃、

健康診断で「要再検査」となって乳癌が疑われたとき

この子を残して私、絶対死ねない。

誰がこの子の面倒を見てくれる?

この子の好きなもの、苦手なもの、誰が知っている?


生きて仕事に行けることがどれだけ幸せか身に染みた経験です。

再検査の結果は良性で、

病院の門を出たときはまだ寒さ厳しい1月でしたが、

季節がまるで春のに感じたことが想い出されます。


子育ての終わるとき

【手作り】津軽びいどろ 冷酒、熱燗兼用天開盃 あさぎ 90cc ..-/ハンドメイドガラス/冷…


ひとり親家庭歴14年目突入

私の生き甲斐は子育てあり、まだ続いています

息子が大学に入学した時点で

子育ては終了であると、心の中で区切りを付けています

でもその後、わたし、どうする?

何をしたいか

今は全く思い浮かびません