FC2ブログ

さくらと息子と八割れ猫

さくらと息子と八割れ猫
医学部目指して再受験する息子はこの春引っ越しました。八割れ猫との日々を綴ります。兵庫県在住、アパレル系。
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ さくら
CATEGORY ≫ さくら
       次ページ ≫

やるこがない



11日から始まった貴重なお盆休み

11日はマネースクールに通い
12日は息子のアパートのお掃除して
13日は私が住むマンションの部屋のプチ断捨離終了
14日本日は

なにもすることがない

のです

外は暑いので買い物に出る気もおきず

食べ物は家にある食糧と徒歩30秒のコンビニで間に合わせ

部屋の隅から隅まで掃除機をかけ

窓から外を眺めました

入道雲と遠くに見える山々が

いつもと変わらない風景でありまして

相棒の八割れ猫は窓辺の所定の位置で昼寝

私は8時までゴロゴロ寝ていたので

昼寝をするほど眠くもありません

明日は実家に行き、お寺にお墓参りの予定

明後日は出勤、

週末はオープンキャンパスがあるので東京ですが

今日は

むなしい一日でした



今後「お一人様」の一日の過ごし方を

見直さなければなりません

空の巣症候群




「空の巣症候群」って言うのですね

初めて知りました

中学受験が終了した直後は

燃え尽き症候群に

大学受験が終了した今

空の巣症候群。



振り返ってみますと

息子が2歳の時から「ひとり親家庭」となり

その後16年間

ひたすら仕事と子育てだけの日々

さらに「子育て」のための「仕事」でありました

他に趣味と言うものもなく

趣味に費やす時間とお金があれば

子育てに、という日々でした



さらにこの寂しさが他の例と少し異なるのは

我が家は2人家族であり

1人が離れてしまうと

残された方も1人

2-1=1

傍にご主人や兄弟がいるとまた少しは気持ちが

違うのかもしれません


本当に今は

やることがない・・・

料理も掃除洗濯も一瞬で終わってしまいます


八割れ猫と私の暮らし




皆さまからこころ温まる応援のコメントを頂き

感謝の気持ちでいっぱいです

実際に経験をされた方々、私が直面している問題を

乗り越えてきた先輩の皆さまからのお声なので

大変身に沁みました。

ありがとうございます。


時間が過ぎていく中、少しずつ寂しさは

お陰様で確かに癒えてきていると感じております


ただ今晩のごはんはどうしたのか

明日の朝食はきちんと食べるのか

友達はできたのか

気温差が激しい中

とんちんかんな服装をしていないか

等など心配は尽きませんが

先輩たちのご意見通り

時が解決してくれると信じております


一日でも早く子離れできる日が

訪れますよう

八割れ猫との一匹と一人の生活に

慣れますように





やはり寂しい気持ち





村下孝蔵さん

先日一人ぽっちでテレビを見ていたら

三浦 祐太朗さんがカバーしていました


久しぶりにYouTubeで聴いてみて

懐かしく振り返ったり


私は当時日本のポップスより洋楽にどっぷりだったため

村下孝蔵さんのことは、あまり存じ上げなかったのですが

私の妹が免許をとったばかりの頃で

「初恋」「踊り子」など

当時「カセットテープ」に村下孝蔵さんの曲を

ずっとかけていたことを想い出しました

それで何となく耳に残っていたのかも知れません


YouTubeで懐かしく聴いていたら

コメント欄に

「もっと長く生きていて欲しかった」という文章をみて

早くに亡くなられていたことをはじめて知りました

なんとも

とっても寂しい気持ちになってしまいました

突然一人ぽっちの生活が始まった

情緒不安定な私に、悲しすぎる結果でした



息子の船出




昨日、息子は巣立ちました

進学先のキャンパスから近い町で新たな生活をスタートさせたのです

母子家庭の二人暮らしでしたので

息子がいなくなった我が家では

私と八割れ猫との寂しい暮らしとなってしまいました



家の中の物も2個あったものが1個になり

朝食も夕食も1人分だけとなり

洗濯機も今日は回す必要がなくなっていることに

愕然をしております

幸い同じ関西圏なので

煙たがられるまで

週末には押しかけていくつもりでおりますが

しかし

こんなに悲しい気持ちになるなんて

想像もしておりませんでした



早起きしてお弁当を作ることが

面倒で

あれがいい、これが嫌いと注文を付ける夕食作りも

面倒で

臭い体操服やスポーツウエアを洗うのも

面倒で

お笑い番組を見て

二人で大笑いをしていたことももうないんだと気付き

幸せな船出ではありますが

現実は私にとって

あまりにも悲しすぎです

いつか乗り越えることができるのでしょうか