FC2ブログ

さくらと息子と八割れ猫

さくらと息子と八割れ猫
医学部目指して再受験する息子はこの春引っ越しました。八割れ猫との日々を綴ります。兵庫県在住、アパレル系。
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
scope version.R

慈〇模試の結果




不思議な事が起こりました

先日、東京に出向いて受けた模試、

東京慈〇会模試ですが

本人の落ち込み方が激しかったのは

ブログに書き込みましたが

A判定、1位

だったのです・・・

どういうことなのでしょうか

親子で理解できていません

帰りの羽田空港で息子が

「アホでごめんなさい」

と疲れて打ちひしがれた様子に

わざわざ東京まで受けに来させて後悔しましたが

実際、点数も良くないのですが

こんなものなのでしょうか

受ける必要がなかったのでしょうか

きつねにつままれたような気持ちです




模試ドタキャン




なんともはや

間抜けな話です

今日の河合塾の模試、起きたら9時過ぎていたそうです

昨日、いろいろ悩んでいたら眠れなくなり

ようやく朝方眠りに着き

目覚まし合わせていたのに

いつも間にかOFFにしてしまっていたそうです

取り合えず飛び起きて駅まで向かったけど

筆記用具も忘れてしまい

どうあがいても

1時間目の地理は途中参加になりそうな時間

「あきらめたら」と忠告しました

モチベーションもダウンしている中

試験を受けても良い結果がでそうにないし

「風邪をひいたと思って」

あきらめさせました


受験勉強にも疲労が出てきたようです



不思議な猫の話




一人暮らしの息子はアパートの2階に住んでおります

一昨日、ドアの前に猫がいる、とのメール

「ドア開けたら入って来る」と

送られた添付の動画を見ると、

息子がドアをそっと開けると

そこにキジトラ猫がぽつんと座っているではないですか

階段を上ってきたようですが

息子が住むアパートは少し風変りなデザインで

階段の1段1段の間が広く、幅も狭く

いつも私はとても怖い思いをします

そんな階段をわざわざ猫が上ってくるとは

ちょっと不思議でした

それもなぜうちの息子の玄関前なのか

お隣さんの前ではありません



「ん~、大人の猫だから生きていけるから、放っておくしないね」

「分かった」



その夜、息子がメールで

「何でセンターが出来ないのか分からん」

「センター試験、今後廃止でいい」

と悲痛な気持ちを訴えたメールが届きました

離れているので、慰めるにも限界があり

私も息子と同じような気持ちに陥っていると

ふと

昼に現れたあの猫は、うちの八割れ猫の使者だったのかもしれない

という飛んだ発想にたどり着きました

きっと落ち込む息子を心配して、誰か近所の野良猫に

息子の部屋に代わりに行って慰めるよう、

もしかしてテレパシー?か

何かで伝えたのではなかろうか・・・と


そんな事を考えておりました


私立医学部の模試




先週は東京へ模試を受けに行って参りました

新宿のハイヤットに宿泊しましたら、ロビーで人前結婚式が。

新郎の登場に将来の息子を重ねて、しばらく眺めておりました

息子が模試を受けている間は、一人で明治神宮に参拝

合格祈願をしました

秋ですね

ホテルと同じように明治神宮でも何組もの結婚式

幸せそうな七五三のご家族

着物姿の女の子のかわいいこと

25年振りの原宿

東京に来ることは年に5,6回ありますが

原宿は来る機会は長い間ありませんでした

久しぶりに仕事を離れて気分転換になりました



模試の結果に落胆した息子

帰りの飛行機は重い空気に包まれ

なんて言葉を掛けて良いのやら

時間は無情にも過ぎていきます



慶応、慈恵、日医




センター試験の書類が届きました。

来週、息子がこちらに戻るので受験用の写真の用意と

高校へ卒業証明書をもらいに行き

書類を整えます


息子は今は隔週のように模試を受けております

河合塾の結果は息子のアパートに届くようになっているので

現在の成績は良く分かりません・・・

日医と慈恵、山梨大はA判定らしいです

本命校に関しては聞いておりません

A判定でないことが分かっていますので。


私立は慶應と日医と慈恵を予定しておりますが

3校受験はは厳しいです

日程的にも入学金の準備的にも

なので

慶応と慈恵の2校に絞る予定です

日医はわざわざオープンキャンパスにも行ったのですが。

予備校の単科ゼミ




大学の後期の休学が決まりまして

いわゆる

宅浪になりますが

問題点が出てきました

・ひとりでモチベーションを維持するのは厳しい
・最新の受験情報などが分かりにくい
・質問が出来る先生が欲しい

それに対して予備校に通う高卒生のように「本科」での勉強は

週5日など通うことになるので、それはそれで無駄もあると思うので避けたい、

という本人の意見です

昨日、駿台に相談に行きましたが、

こちらの認識不足で

高卒生の「単科ゼミ」はない、ということでした

河合塾も同様です

で、いろいろ調べた結果、代々木ゼミナールは

高卒生の単科ゼミ受講OKの科目もあるということでした

多分、9月から代ゼミさんにお世話になります。


大学の後期、休学




先日、後期休学の手続きをしてきました。

まずは教務担任に連絡、確認の印鑑を頂き

学部長の承認の印鑑を頂く、という流れです。

後期授業が10月からなので1か月前の手続きが必要です。

なので8月末までに手続きを完了しなければなりません。


このような書類の手続きで何か間違いがあったりして

二度手間や勘違いなどがあってはいけないので、

私も一緒に休学の手続きに大学の事務所へ出向きました。


やはり、「休学」と「留学」との聞き間違いが受付であり

あっち行ったりこっち行ったりありました。

とりあえずは前期の試験結果の発表があり、

合格していたら、すぐに今の学部というか大学は

退学の手続きをする。

二重学籍が起こるとどちらも通えなくなるという

恐ろしいことになります。


教務御担当からは

「頑張れよ!」というお言葉を頂いたようで感謝しております。

せっかく合格させて頂いた学部でしたので、本当に申し訳ありません、

という気持ちです

部活もし、友達もでき、前期は大学生活も楽しむことができました

これからは受験勉強一筋となります

私もまた去年同様、気を引き締めます



やるこがない



11日から始まった貴重なお盆休み

11日はマネースクールに通い
12日は息子のアパートのお掃除して
13日は私が住むマンションの部屋のプチ断捨離終了
14日本日は

なにもすることがない

のです

外は暑いので買い物に出る気もおきず

食べ物は家にある食糧と徒歩30秒のコンビニで間に合わせ

部屋の隅から隅まで掃除機をかけ

窓から外を眺めました

入道雲と遠くに見える山々が

いつもと変わらない風景でありまして

相棒の八割れ猫は窓辺の所定の位置で昼寝

私は8時までゴロゴロ寝ていたので

昼寝をするほど眠くもありません

明日は実家に行き、お寺にお墓参りの予定

明後日は出勤、

週末はオープンキャンパスがあるので東京ですが

今日は

むなしい一日でした



今後「お一人様」の一日の過ごし方を

見直さなければなりません

男子大学生の一人暮らし、ゴキブリついに出現




朝早く

息子から突然のメールが

「ゴキブリでたちすけて」
「たすけて」
「ほんま泣きそう」


ゴキブリ、ついに出現

男子大学生の一人暮らしのアパートに

ついに出ました

彼が生まれてから、実物に遭遇することはありませんでしたので

衝撃だったようです

その後電話でやり取りをし

まずはどうしても部屋にいることが出来ないというので

早朝なので24時間営業のファーストフード店に行くしかない

と返事しました

私はその日、会社を定時で仕事を終わらせ

息子のアパートへ駆けつけました

ゴキブリキャップ、ゴキジェット、ゴキハウスの3点セットを

マツキヨで揃えて、いざ出陣。

ゴキを探しましたが、そんなにタイミング良く遭遇するはずはありません


夜9時を過ぎ、ゴキ対策済みなのでOKだとメールし

息子が帰宅。

ゴキジェットの使い方を説明し、ヤツは決して悪い奴ではない、

怖がらなくて良い、と。

決して「男のくせに」とは大きな声で言いませんでしたよ


なんでしょう

ある程度、免疫のあるようにすれば良かったかも知れません

実物を見ることなく、テレビやほかの情報のみで

ゴキを判断しているので

反応が半端ありませんでした


ゴキブリ、ゴキブリ言わんといて~


名前さえ気持ち悪いそうなので

GKBと呼ぶことにしました

どこかの国のスパイのようです




大学の後期、休学




息子、後期を休学することになりました

前からその話はしておりましたので

彼がその道を選ぶのであれば

それで良いと思っています

来年の2月か3月まで受験一筋で。


私もまた2月、3月のスケージュールを確認し

受験旅行の手配など、また手続きなど

失敗のないよう進めなければなりません

エクセルで作成した今年の受験スケジュールのデータを

引っ張り出し、2019年度版に更新、

中学受験の時のデータも懐かしく開いてなつかしく

眺めていました



今年とは違うのは、来年は全落ちしても進める道が

すでにある、ということでしょうけれども・・・

第一志望の道ではないので

できれば次はどこか希望する学部に合格できれば

安心します

そこで本当にやっと私の仕事が終わります

今年で終わると思っていましたが

もう1年、神様は修行せよ、ということなのでしょう